もう視力で苦労したくなくてレーシックにしました。

目が悪すぎて人との距離をはかれないなど視力が悪いと本当に苦労します。

5歳の時からずっとメガネをしています。現在の視力は両目とも0.01以下です。コンタクトは作りましたが、円錐角膜(眼球の角膜の中心部が尖っている状態)気味のため強い痛みを伴い、また、メガネでは0.6くらいまでしか矯正できず低い視力のまま生活しています。幼い頃はブルーベリーを食べたり、マジカルアイをしてみたりと取り組めそうな民間療法は試しましたが取り立てて効き目はありませんでした。物心ついてからずっと目が悪いので、小学校に入学してからいつでも一番前の席。映画館では首が痛かろうと真ん中より前の席を選びます。遠くの掲示はいつも友人に見て教えてもらってきました。日常で困ることは、人との距離をうまくはかれないことです。相手の持っている資料を見ながら話をする必要がある場面では、かなり近付かないと文字が見えないため、必然的に距離が近くなってしまいます。私としては、人との距離を詰めているというより、文字との距離を見える範囲まで縮めているだけなのですが、「ずっと距離が近すぎると思っていた」と言われてしまうことがあります。些細なことかもしれませんが、やはり今後の社会生活を思うと不安になります。

なので、レーシック手術をしちゃいました。本当に今は楽です。手術もあっという間に終わったし、検査は結構ながかったけど、その分安心でした。

>>レーシック手術 札幌

なんやかんやで苦労した視力がよくなると、なんか大げさだけだ人生まで変わりそうです。

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です